OCTについて

OCT(光干渉断層計)は、主に網膜の構造を精密に検査するために開発された最新の検査機器です。

これまでのカメラとの違い

これまで眼底検査に使用されていた眼底カメラとの違いは、眼底カメラが網膜表面の状態を撮影するのに対して、OCTでは網膜の断面を拡大して撮影したり、網膜の厚さを正確に測定することができ、表面から見 てもわからなかった浮腫や神経線維の減少等の網膜の異常が発見できるようになりました。

それによって、緑内障や糖尿病網膜症といった失明 につながる眼の病気の正しい診断が可能になりました。 検査にかかる時間は、眼底カメラとほとんど変わらず、 数秒で終了します。

緑内障は病状が進行するまで自覚症状が少ないため、発見が遅れる可能性があります。

一度減少した視神経は元に戻らないので、早期発見と早期治療による進行予防がとても大切です。

ページトップへ